教育を受けたら試験をして評価を得ます。

学校や企業などで教育を受けたら評価を得るために試験を受けます。
試験でも筆記試験と実技試験に分けられますが、どちらも一人で行わなければなりません。
筆記試験の場合は、基本的に1回だけしか認められていないので、一定期間教育を受けた後に試験勉強をする必要があります。
筆記試験は、決められた時間内に与えられた設問に答えを出していきます。
設問に関してはあらかじめ決められていることがありますが、例外で抜き打ち形式にて色々な問題が出題されるケースがあります。
正解は、1つに決められています。
記述式になると自分の考えを文章にするので幅広い知識がなければ、文章がまとまらなくなってしまいます。
車の運転は筆記試験の他にも実技試験があって、合格するためには総合的な知識が必要になりますし、モラルも重要になってくるので、日頃から基本的な教育を受けてから試験を受けたほうが運転免許を取得することができます。
チャンスは何回でもありますが、できるだけ早めに試験に合格して評価を得たほうが時間を有効的に使うことができます。